屋上防水機能のある太陽光発電システムを導入

専門業者に依頼しておけばそこまで大きな問題は起こらない 専門業者に依頼しておけばそこまで大きな問題は起こらない

最新の太陽光発電は屋上防水機能も搭載

太陽光発電

最近の太陽光発電は従来のタイプよりも付加価値が高いものへと進化しています。屋上防水効果も併せ持った太陽光発電システムや、建物に穴を開ける必要のない磁石を利用して設置する太陽光発電なども登場しています。

防水効果のあるソーラーシステムがオススメな理由

軽量で薄型
屋上防水と太陽光発電が一体になったものも登場しています。フィルム型の太陽電池が防水シートと一体化しています。防水シートを含めての重量が約4kg/平方メートルなので、結晶タイプのソーラーシステムと比べても圧倒的に軽量です。
架台の設置が不要
従来の結晶タイプの太陽光発電であれば、パネルを屋根に固定するために、設置架台が必要でした。一体型はシート状になっているので、架台及び架台工事が不要です。その分、屋根への負担も軽減され、工期も短くて済むというメリットがあります。
下地条件に関わらず施工できる
通常、防水シートは下地の素材や環境的な条件などを選ぶものですが、一体型のシート防水は下地条件に関わらず施工できるメリットがあります。また、下地条件だけでなく、シートは丸い円形や球形のものにも対応できます。

磁石で設置できる太陽光発電

一般的に太陽光発電装置を設置する方法は、屋根に穴を開けて固定するというものでした。しかし、金属屋根の特徴を活かして、非常に強力な磁石で設置できるという工法も開発されました。穴を開けないので雨漏りしにくいという特性があります。

TOPボタン