屋上防水工事は信頼できる業者に依頼しないと後悔する

専門業者に依頼しておけばそこまで大きな問題は起こらない 専門業者に依頼しておけばそこまで大きな問題は起こらない

リフォーム業者に依頼すると失敗する原因

屋上防水を防水専門の業者でなく、リフォーム全般を取り扱っている業者へ依頼した場合、なぜトラブルが起こるリスクが高くなるのでしょうか。その原因を知っておけば、これから屋上防水を依頼する際の参考になるかもしれません。

失敗する原因は大きく分けて2つ

工事の内容によっては防水層に穴を開けないといけない
例えば太陽光発電のパネルを設置するとなった場合、屋根や屋上に専用器具を取り付けます。その際に屋根に穴を開ける必要があるのですが、防水専門業者ではない業者が施工した場合、屋根の防水層に穴を開けてしまったり傷をつけてしまったりする可能性があります。
屋上の負荷重量が増える
太陽光発電のパネルを設置するとなった場合、屋上が耐えられる負荷重量に関しても配慮しておくべきでしょう。というのも太陽光パネルは非常に重く、築年数の経過している家屋に設置した場合、建物への負荷がかかりすぎてしまいます。新築の場合であっても発電パネルは年間を通じて屋根に大きな負担がかかってしまうため、雨漏りが起こりやすくなってしまうのです。

太陽光発電設置前にしっかりと屋上防水を行なう

太陽光発電設置する予定があるならシート防水がオススメ

シート防水は耐久性に優れています(40代/男性)

太陽光発電の設置の前にシート防水をしておくことをおすすめします。合成ゴムやプラスチックのシートを下地に貼り付ける防水方法で、耐候性や耐久性に優れています。シート防水には塩化ビニールシート防水と、合成ゴムシート防水の2種類があります。

太陽光発電設置時にはアスファルト防水は不向きです(30代/女性)

防水の種類に、シート状のアスファルトを重ねるアスファルト防水があります。耐用年数が長く耐水性も強いのですが、重量があります。太陽光発電はそれだけでも重量があるので、重量のあるアスファルト防水では建物への負担が大きく、併用は不向きだと言えるでしょう。

TOPボタン